「のこのこどう」からの「はじめてみん」

秋晴れの空の下

 

小笹団地と今は廃線となった

 

小笹駅(筑肥線)

 

その小笹団地の新旧の建物を見ながら

 

歩く・・・

 

 

私の歴史と交差する

 

小学校の頃は小笹団地に住んでいる

 

親友の所に

 

いつも遊びに行っていた

 

 

のこのこどうののこちゃんが検索して

 

線路がまだ在った頃の小笹駅の写真を

 

見せてくれた

 

小笹駅って

 

こんなほったて小屋のような

 

駅舎だった!?

 

味がある〜〜!(笑)

 

高校の頃は筑肥線を使って通学していた

 

走馬燈のように記憶がよみがえる

 

なつかしさでいっぱいになった

 

●団地の建物として、珍しい形の多い小笹団地ですが、もうすぐ取壊すらしい

●小笹駅が在ったあたり線路を埋めた後が残る、今も残っていたら鉄道マニアの

スポットになっていたかも・・・

 

 

のこのこどう

 

11月は那珂川でイベント

 

小笹界隈ポールウォーキングはお休みです

 

 

午後からは「はじめてみん」

 

絵を描くのは久しぶり〜〜!!

 

と楽しみにしてくれて

 

ありがとうございます

 

 

楽しんでもらえたみたいで嬉しいです

 

絵はその人の個性が出るねと・・・

 

それって・・・

 

他者を差別するのではなく

 

それぞれの

 

個性を尊重し合える

 

一歩なんじゃないかと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


シュワッチ!

庭の草取り

 

無心になれる作業

 

 

「無心」

 

無とか無心は仏教の特に

 

禅の心・意・考えなどを解く上で

 

重要な鍵になる語の一つです

 

然し無心とはもちろん空白状態の

 

ことではありません

 

あれこれ私が作為したり

 

選り好みしたり

 

あるいは悟ってやろうなどという

 

計らいを捨てることであり

 

永遠不変に存在するものは

 

無いということです

 

       可睡斎 佐麁蚕瀟兄佞茲

 

 

 

 

 

移り行く風景を毎日眺め

 

庭仕事

 

 

あっと言う間に

 

山になる草

 

やがて草も

 

土に帰る・・・

 

私も

 

最後は無になり

 

宇宙に帰る・・・

 

シュワッチ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


英彦山虚空蔵窟へ

 

空海が伝えた真言密教と

 

その教えと日本古来の自然崇拝

 

神仏習合だった頃から

 

霊山英彦山があります

 

ひと昔は山伏(山中で修行をする修験道の行者)

 

が山に入って修行を積んだそうです

 

天狗がいると言伝えられています

 

 

 

そんな中、

 

今は少なくなった修験行者とともに

 

虚空蔵窟という所で

 

森羅万象のエネルギーをもらい

 

霊魂を慰め成仏してもらう・・・・・………

 

 

ただの思い過ごしでしょ

 

と言う人もいるかもしれません

 

 

 

ただ

 

ここに来て

 

感じて

 

帰るだけでも

 

いいと思える

 

 

 

帰り道

 

七大童子の

 

お地蔵様に

 

あてしゃんを奉納する

 

一年に一度

 

心穏やかになる日

 

 

災害が続いて

 

修復工事がいたるところで

 

行われていました

 

私がこうやって来る事が出来たのも

 

地元の方々や

 

たくさんの方々のおかげだと

 

思います

 

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


じゅず玉生える庭

 

去年今頃もこんなところにと

 

数珠玉(じゅずだま)という名前の草

 

また、今年も生えてきました

 

数珠つなぎにするほどの

 

玉の数ではないけれど

 

花瓶に生けてみると

 

なかなか趣きある

 

 

こちらは名前は雌日芝(めひしば)だそう

 

雄日芝(おひしば)もありますが、

 

放射線状に細く伸びた先端

 

雌日芝のほうが可愛らしい

 

 

 

 

色が大好きな野ぶどうも

 

葉が枯れる前の一瞬・・・

 

癒されます

 

 

番外編はじめてみん(クリックどうぞ)

 

まだ、大丈夫です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


庭いじりの季節

 

やっと、涼しくなってきて

 

庭での作業がやりやすくなってきた

 

ガーデニング

 

というような

 

お花でいっぱいな庭ではない

 

雑草と剪定の行き届いてない木

 

がある庭

 

だから、いつも庭いじりは

 

欠かせない

 

だからといって

 

庭仕事を誰かに任せるのも

 

座坐の場/みんらしくない

 

ここまで、自分でやり始めたのだから

 

何とか、やれるところは

 

コツコツやっていこうと思う

 

 

 

座坐の

 

土と言う字の縦の線が長く

 

人人の間まで伸びてるのに

 

今頃、気が付いた!

 

今日の看板の字

 

書いてみたのですが

 

たったそれだけなのに

 

バランスが取りずらい

 

是でいい

 

になるまで

 

何度も書き直し

 

こんな事ひとつでも

 

毎日の積み重ねです

 

 

10月の番外編はじめてみん

 

よろしくお願いします

 

参加者募集中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


9月の終わり

 

朝の散歩道

 

気持ちのいい朝

 

9月ももう終わり

 

明日から

 

神無月

 

神の月という意味だそう

 

出雲大社では、神々が

 

集まっているのか・・・

 

 

 

何か、

 

鳥のさえずりといい

 

空気といい

 

わかる気がする

 

 

 

 

番外編はじめてみんをします

 

今回は絵を描くです

 

興味がある方は是非

 


「はじめてみん」

 

10月18日(日)午前中

 

右脳で絵を描くレッスン

 

※募集人数は5名様まで

 

※参加費1000円(画用紙・2B鉛筆・練り消しこちらで準備)

 

 

10月24日(土)午後2時〜5時

 

人物スケッチ(頭部)

 

※募集人数は5名様まで

 

※参加費1000円(画用紙・2B鉛筆・練り消しこちらで準備)

 

●なお、どちらも参加する方は

 参加費は、1000円です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


名前は‘フランク’

 

毎月一回ののこのこどう

 

今回は骸骨のフランクくんも一緒!

 

バランス良く歩くには

 

身体の骨組みの理解が大事と

 

のこのこどうののこちゃんが

 

連れて来てくれました

 

今後はたびたび連れて来てくれそう

 

歩く時は、一緒じゃないよ・・・

 

名前の由来は

 

のこのこどうは

 

フランクな付き合い

 

フランクなおしゃべりが

 

モットーだからだそうです

 

いいですね!

 

 

今日も楽しく

 

ちゃんと体の事もわかった

 

いいポールウォーキングでした

 

平尾大池公園で天気雨

 

風が涼しく感じれて

 

気持ちいい

 

公園近くの栗の木

 

イガ栗落ちたの見っけ

 

秋ですねー

 

そして、スイーツ散策では

 

平尾の「芋屋金次郎」で

 

さつま芋のソフトクリーム

 

あらら、やっぱりこれが最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


深むし茶と御萩

 

夕方と思ったら、あっという間に

 

日が暮れる

 

早く帰らないと

 

暗くなっちゃうよ〜

 

無邪気に遊ぶ子どもたちへ

 

声かけする大人に

 

あと、もうちょっと!

 

そんな声が聞こえてきそう

 

 

 

話、変わって

 

昨日いつも来て下さるお客様に

 

深むし茶を頂いた

 

封を開けた瞬間、お湯を淹れた瞬間

 

いい香り

 

ついつい

 

御萩食べたくなりました

 

お彼岸ですし・・・

 

御萩好きだった父の誕生日ですし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


秋霖

 

長雨の後

 

大きな水瓶に

 

たっぷりと雨水が溜まり

 

メダカたちが勢い良く水面を泳ぐ

 

気持ち良さそう!

 

 

今年の春に生まれたメダカたち

 

水瓶はこのまま

 

秋から冬にかけて

 

水温はメダカにとって

 

過酷でしょう

 

メダカも冬眠するらしいですが

 

寿命は自然環境下では

 

1〜2年とありました。

 

少しでも越冬してくれる

 

メダカたちがいることを

 

願ってます・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ひねもすのたりのたり

 

ふと、この言の葉が

 

脳裏に浮かんだ

 

有名なこの俳句

 

検索すると

 

春の海という季語が頭に付き、語尾はかな

 

という俳人蕪村が詠んだ春の句だったが、

 

「ひねもすのたりのたり」

 

波が寄せては返す情景

 

想像できるのがすごい

 

でも、今何故か

 

庭の笹の葉を風がさざ波のように

 

ゆらしていたから

 

浮かんだのか?

 

ひねもす、のんびり暮らしているから

 

浮かんだのか?

 

 

 

とも言える・・・

 

季節の変わり目

 

どうも、ココロの模様替えは

 

まだまだ・・・

 

のたりのたり

 

 

 

 

ひねもすのたり

 

のたりかな

 

この海の

 

波の音が聞こえてる

 

 

 

蕪村は画家でもあったらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/13PAGES | >>